芸能

ビートたけし(北野たけし)さんが再婚!?元嫁はだれ?離婚理由は?

タレントのビートたけし(73)が18歳年下のパートナー女性・A子さんと再婚したことが2/7報道されました。

さらに交際期間も8年とかなり長くお付き合いされていたようですね。

今回は、「ビートたけしが再婚!?元嫁はだれ?離婚理由は?」について調べてみました。

ビートたけしの元嫁は漫才師?

名前:北野幹子(みきこ)(旧姓:松田幹子)

生年月日:1951年

出身:大阪府

職業:漫才師

二人は、1983年に結婚しました。

1981年3月に長男、1982年10月に長女の井子を出産し子宝にも恵まれました。

ビートたけしが売れない頃は、幹子さんがスナックでアルバイトをし家計を支えていたよう

です。

そんな仲睦まじい夫婦がなぜ離婚に至ったのでしょうか?

ビートたけしの離婚理由は?

二人の離婚理由は、ビートたけしさんの浮気が原因だと報道されています。

2012年に18歳下のA子さんと愛人関係になり、そこから幹子さんの元には帰っていないと話しています。

さらに、2018年3月に『オフィス北野』から独立し、愛人と報じられている18歳年下のA子さん(53)と設立した事務所『T.Nゴン』を設立し芸能活動を始めました。

そんな状況が続き、2014年~2019年の約5年間にもわたる離婚調停の末離婚が成立しました。

さらに、慰謝料は何と100億円とも報道されており かなりの注目を浴びました。

 

元嫁幹子さんの現在は?

現在の幹子(みきこ)さんは、2018年まではオフィス北野で代表取締役でしたが

2019年に離婚が成立してからは、わかりませんでした。

しかし、一部では芸能活動をしているという噂もあるようです。

まとめ

ビートたけしさんも波瀾万丈の人生を送っていますが、それに負けないくらい幹子さんも波瀾万丈の人生を送っているようですね。

また。2020年2月ビートたけしさんは愛人だったA子さんと正式に結婚し正式な夫婦になりました。

今後のビートたけしさんの動向にも注目ですね。