スポーツトレンド

久保健英に人種差別ジェスチャー!ダニパストールコーチと不仲?過去にも人種差別的行為があった?

2月9日におこなわれた、マジョルカVSエスパニョールとの試合中に、フィットネスコーチのダニ・パストール氏はピッチサイドでウォームアップを行っていた久保を交代出場のため呼び戻しました。

この際、両手の指を両目の横に当てて広げるような動きをしており、東洋人に対する人種差別とされるジェスチャーではないかと問題視されています。

そこで今回は、「久保健英に人種差別ジェスチャー!ダニパストールコーチと不仲?過去にも人種差別的行為があった?」についてしらべてみました。

ダニパストールコーチの差別的ジェスチャー

確かに画像を見ると、「つり目」のジェスチャーをしているように見えますね。

ダニパストールコーチは、選手をきずかせるためにやったジェスチャーと話していますがい訳にしては少しく苦しいように思えますね。

この事件について、運営元であるラ・リーガ(リーエスパニョーラ)は、コーチのジェスチャーに「誰も傷つける意図はなかった」としながらも、「不快になり得るものであることは認識しており、その点について謝罪する」と不適切な行為であったことを認め、「再発防止に努める。

ラ・リーガはいかなる種類の人種差別、暴力、反外国人的行為、いかなる種類の差別とも戦っていく」と続けていくと話しているようです。

久保健英とダニパストールコーチは不仲?

今回のようなことが起きてしまった背景には、久保健英とダニパストールコーチが不仲なのではないか?と思ってしまいますよね。

いろいろ調べてみましたが、久保健英とダニパストールコーチが不仲という情報はありませんでいた。

ラ・リーガ(リーエスパニョーラ)では過去にも人種差別的パフォーマンスがあった?

1月25日におこなわれた、リーガ・エスパニョーラ第21節のエスパニョール対アスレティック・ビルバオ戦で起きた人種差別チャントが問題になったようです。

交代のためにベンチに戻る途中だった、I・ウィリアムス選手に対し、一部のエスパニョールサポーターがサルの鳴き真似のようなチャントを浴びせました。

わずかな間に2回もこのように人種差別的な行為がおこなわれるのは本当によくありませんね。

まとめ

正々堂々と戦うぶ舞台で、このように人種差別的な行動は許されません。

フェアプレイの精神の元プレイしてもらいものですね。

 

マンチェスターシティー出場停止!?停止の詳しい理由も判明?過去にも制裁を受けていた?2月14日英『BBC』は、マンチェスター・シティが2020/21シーズンと2021/22シーズンのチャンピオンズリーグに出場停止処分を受...