格闘技知識・ダイエット

カフェイン摂取後の脂肪燃焼効果とは?

まる
まる
皆さんはカフェインについてこんなことを聞いたことはありませんか?

・集中力が上がる

・脂肪燃焼効果がある

・眠くなりずらくなる

まる
まる
今回は脂肪燃焼効果について書いていきます!

カフェインとは?

主に、コーヒー類・紅茶類・栄養ドリンク類やチョコレートにも含まれています。

カフェインの効能としては、眠気覚ましなどの興奮作用や尿の排出を促す利尿作用などが広く知られていますが、このほかにも「自律神経の働きを高める」 「集中力を高め作業能力を向上させる」 「運動能力を向上させる」など、様々な効果が明らかになっています。

いろんな効果があるのね

カフェインの脂肪燃焼効果について

カフェインの効果の中には脂肪燃焼効果効果があると言われています。

これは、体脂肪減少を促進する働きがある、カフェインを運動前にとると、グリコーゲン(炭水化物が体内で貯蔵されるときの形態)をエネルギー源として使う働きが抑えられ、代わりに脂肪がより多く使われるようになるなるからです。

また、カフェインを摂取すると糖代謝より脂肪代謝が高まります。

また、カフェインと運動が組み合わさることで、更に脂肪燃焼効果は高まります。

まる
まる
運動の30分~1時間前にホットコーヒーを飲むのが適量です。
アイスコーヒーじゃあいけないの?
まる
まる
アイスコーヒーだと胃が収縮してしまい、吸収効果が低下してしまいカフェインの効果が低くなってしまいます。
まる
まる
なので、ホットコーヒーや常温の方がいいです。

カフェインの一日の適性摂取量

カフェイン摂取量について、成人では1日400mg未満に抑え、1回の摂取量が200mgを超えないようにしましょう。 通常のコーヒーであれば、1日のカフェインの摂取量は4~5杯までが適当な量です。

 

カフェインと組み合わせると効果的な運動は?

カフェインと組み合わせると効果的な運動は、無酸素運動よりも有酸素運動がいいと言われています。

これは、有酸素運動の方が心拍数が上がりやすく血中のカフェインのめぐりが早くなるからと言われています。

まる
まる
ちなみにこんなのが有酸素運動、無酸素運動です。

無酸素運動

・筋トレ

・短距離走

・相撲など・・

 

有酸素運動

・ウォーキング

・水泳

・縄跳びなど・・

実体験

まる
まる
まるもトレーニング前にカフェインを摂取してするので実体験をお伝えします。

トレーニング開始30分~1時間前にカフェイン入りのドリンク(エナジードリンク)

を飲んでトレーニングをしています。

飲まない日と比べるとかなり差があり、汗の出る量が普段よりも多く、集中力も上がったような感じがします。

あるとき、「カフェイン飲む量を増やせばもっとパフォーマンスあがるんじゃないか?」

と思いやってみました。

通常のエナジードリンクを800ml飲みました。この時のカフェイン摂取量は224㎎

これで通常通り2時間練習しましたが、倒れるかとおもいました・・・・

心臓の鼓動が早くなり、普段よりも疲れやすく、集中力もあまり続きませんでした。

カフェインの耐性によっては多く摂取しても「まる」のような症状は出ないかもしれませんがカフェインの過剰摂取は大変危険なのでやめましょう!!

まとめ

いかがだったでしょうか?

普段、何げなく摂取している「カフェイン」ですが、適正な量と運動をおこなえば

ダイエット加速させてくれます。

適正量を守りうまく活用していきましょう。

 

それでは!!

 

ダイエット中のコンビニ飯で注意すべきことサワディー!! どうもまるです!! お正月を終え食べ過ぎた~・太った~と思っている方は多いともいます。 ちなみ...