スポーツトレンド

京都サンガナ ナチスを連想させる応援旗を使用していた!?応援旗を作った人物は?顔画像も判明?

2月9日におこなわれたJ2京都サンガVSセレッソ大阪との試合で、京都サンガサポーターがナチス親衛隊を連想させる応援旗を使用していたと、2月15日と報道されました。

ナチスを連想させるのはあまりいいことではありませんね。

そこで今回は「京都サンガナ チスを連想させる応援旗を使用していた!?応援旗を作った人物は?顔画像も判明?」について調べてみました。

京都サンガVSセレッソ大阪で使用された応援旗

今回使用されたと言われている応援旗は、ドクロをモチーフにしたものだと報道されえています。

今回の騒ぎになったドクロをモチーフにした応援旗。

画像を調べてみましたがすでに消去されており確認することはできませんでした。

ナチス親衛隊を連想させる応援旗を作ったサポータの顔画像は?

今回応援旗を作成したサポーターは、特定されクラブ側が本人とも話をして厳重注意をしたようです。

このサポーターの顔画像・性別も公開されておらず画像は調べられませんでした。

Jリーグでは過去にも応援旗での違反があった?

2017年4月にはガンバ大阪でも、ナチスを連想させる応援旗を作ったとして厳重注意を受けています。

2017年5月には川崎フロンターレでも、サポーターが旭日旗をだした。

応援旗が、旭日旗を連想させるなどの抗議をうけ裁判にまで発展しています。

まとめ

たびたび応援旗での問題はサッカーだけに限らず発生していますね。

必ずしも意図してやっていないためなかなか難しい部分はありますが、誰もが気にせずかスポーツ観戦をすることができるのが一番いいでよね。

マンチェスターシティー出場停止!?停止の詳しい理由も判明?過去にも制裁を受けていた?2月14日英『BBC』は、マンチェスター・シティが2020/21シーズンと2021/22シーズンのチャンピオンズリーグに出場停止処分を受...