スポーツトレンド

元警官関根シュレック秀樹指を切断していた!?原因が判明?朝倉未来との関係は?

元警察官という異色の経歴を持つ「関根シュレック秀樹」選手。

そんな、関根シュレック秀樹選手が有名格闘技団体RIZINに初参戦することが決まりました。

関根選手には、ある噂がありそれは何と「指を切断している!?」というものです。

 

そこで今回は「元警官関根シュレック秀樹指を切断していた!?原因が判明?」について調べてみました。

関根シュレック秀樹のプロフィールと戦績

国籍 日本
生年月日 1973年08月13日
身長・体重 175cm/115kg
所属 ボンサイブルテリア
バックボーン BJJ
主なタイトル 全日本ブラジリアン柔術選手権優勝
IBJJF ASIA Jiujitsu Championship優勝
ADCC Asia trial優勝

現在関根選手は、現在47歳。

デビュー戦は43歳とかなり年齢が上がってからデビューした選手です。

関根シュレック秀樹は指を切断されている?

情報を調べていると関根選手が過去に指を切断されているという噂は本当のようですね。

元警察官ということで、何かの事件に巻き込まれたり凶悪犯を逮捕するときに負ったけがなのでしょうか?

指の切断の原因は?

「アブダビ・ワールドプロではヒザの靱帯を切ったまま戦っていたこともあったんですが、階級別も無差別もレフェリー判定で負けました。何もされなかったけど、何もできなかったんです。その大会の時に指からバイ菌が入り、手術して短くなってしまいました。」

とあるインタビュー記事では答えています。

試合中にバイキンが入り指切断て・・・・

どれだけ大きな傷口を放置したのか本当にいろいろ規格外ですね笑

朝倉未来との関係は?

調べてみると直接的には朝倉選手とはかかわりは無いようです。

しかし、朝倉選手の地元が愛知県、関根選手の務めていた警察官時代の県が静岡県ということ。

また、関根選手が元警官で多くの非行少年たちを補導・更生させてきたのでそんな少年達と朝倉選手が重なって見えていたのかもしれませんね。