ニュース

諸田洋之の会社住所を特定?備品のマスクをオークションに出品?

静岡県焼津市選出の諸田洋之県議が、自身が経営する会社の備品マスクを転売していたと報道されました。

そこで今回は「諸田洋之の会社住所を特定?備品のマスクをオークションに出品?」について調べてみました。

興和ガーゼマスクの発売日はいつで購入方法は?値段も判明?興和株式会社は、再利用可能なマスクを3月中に発売し、1500万の大量生産をおこなうと発表しました。 このマスクが、出回れば転売等も...

静岡県議がマスクを転売?

今回転売をおこなっていたのは、何と静岡県焼津市選出の諸田洋之県議でした。

県議が転売て・・・・あきれますよね。

諸田洋之氏は、先月の5日以降からマスクの転売をおこなっていたようです。

医療用のマスク2000枚セットなどをおよそ50回にわたってネットオークションに出品していたようです。

しかもものによっては、17万円で落札されていたようです。

しかし、このマスク不足の中どうやってマスクを入手していたのでしょうか?

自身の経営する会社から入手?

諸田洋之氏は、議員になる前から会社を経営しておりその会社の備品であるマスクを転売していたようです。

現在は、奥様である「諸田久乃」が代表取締役のようです。

社名・住所を特定?

会社名は「株式会社来夢(らいむ)」 インク販売をおこなう貿易会社のようです。

会社の住所は「三重県鈴鹿市住吉町5769-9」

 

マスクは、この会社の備品であり数年前に購入したものとのこと。

さらに「自分の会社の備品を売っただけ。転売にはならない」と話しています。

あきれますよね。

転売する前に、従業員やその家族、県身にも寄付するべきですよね。

まとめ

まったくあきれた県議ですね。

月曜に詳しい記者会見を行うとのことですが、どんな言い訳がとびだすことやら・・・