トレンド

東京オリンピック開催延期で2021年スポーツイベントは何がある?

3月24日正式に東京オリンピック2020の開催延期が発表されました。

開催日は、2021年夏までに実施予定とのことですがどうなることやら。

しかし、そうなると2021年のスポーツイベントはどうなるのか気になりますよね。

そこで今回は「東京オリンピック開催延期で2021年スポーツイベントは何がってどうなるのか?」について調べてみました。」

東京オリンピックは2021年に開催予定?

今回の延期については、IOCバッハ会長と安倍総理が電話会談をおこない決定したようです。

この延期による経済損失は、なんと『約6,408億円』 と言われておりかなりの経済損失が発生すると発表されています。

選手ももちろんですが、スポンサー企業・観光業などの打撃はすさまじいものになってしまいそうですよね。

2021年大型スポーツイベントはなにがある?

2021年夏の開催を予定していますが、夏だけでも3つの世界大会があるようです。

・第121回全米オープンゴルフ:6月11日~7月11日 

・第150回全英オープンゴルフ:7月15日~7月18日

・サッカーワールドカップ2021:6月17日~7月4日

・世界水泳選手権福岡大会:7月16日~8月1日

・2021年世界陸上競技選手権大会:8月6日~8月15日 

特にサッカーワールドカップは、日本中のサッカーファン、サッカーを知らない人でも盛り上がる大きなイベントですよね。

東京オリンピックと重なると世界大会も中止?

現在東京オリンピックと、重なるイベントをどうするのかについては協議中のようです。

場合によっては、これらの世界大会も延期もしくは中止になってしまう可能性もありますよね。

まとめ

東京オリンピック延期つに決まってしまいましたね。

以前麻生大臣が言っていたように「呪われたオリンピック」本当にそうなのかもしれませんね。

今後の情報についても注目しましょう。