ニュース

アメリカでインフルエンザが流行中 何型が流行中?危険な地域は?

新型コロナウィルスが全世界で流行していますが、それ以上にアメリカでは、インフルエンザが流行し多くの感染者が出ています。

今回の記事は「アメリカでインフルエンザが流行中 何型が流行中?危険な地域は?」について調べてみました。

アメリカで猛威をふるうインフルエンザ

米疾病対策センター(CDC)によると2019~20年のインフルエンザシーズンは患者数が1900万人、死者数は1万人を超えたと報道されました。

インフルエンザ感染は例年10月ごろに始まり、5月ごろまで続く見込みです。

2017年~2018年の患者数は約4500万人死者は6万1000人にものぼり、今年は、さらにそれを超え過去最悪の規模になると予想されています。

インフルエンザ何型が流行?

今回流行しているのはB型 で特に子供への感染が広がっているようです。

また、B型はA型のように高熱にならず37℃程度のため感染に気付ず広がってしまっています。

アメリカのインフルエンザが流行している地域は?

37州で特に流行しているようですね。

地図で見るとこのような形です。

インフルエンザ感染 特定の地域の流行ではないためほぼ全州が流行地域になってしまっています。

まとめ

アメリカでは、現在ほぼすべての州がインフルエンザ流行地域となってしまっています。

今後の状況によっては渡航規制などの規制もあるかもしれません。

新型コロナウィルスだけでなくインフルエンザの情報にも注意しましょう。

 

新型コロナウイルスはなぜ武漢生鮮市場で発生したのか?  新型コロナウィルスの発生原因は武漢生鮮市場!? 中国で発見された新型コロナウイルスの感染症例は、湖北省武漢市内にある武漢華...
過去にWHOから発令された緊急事態宣言!過去から学ぶべきこととは?ついに本日1/31WHOより新型コロナウィルに対する緊急事態宣言が発令されました。 しかし緊急事態宣言は、過去にも発令されたことが...
武漢市の病院その現状は?新病院火神山病院の様子は?新型肺炎ウイルスの感染拡大が深刻な中国・湖北省武漢市で、1月24日から建築がは始まり着工からわずか10日の突貫工事で完成した仮設病院の受...